• Unit The

【日本能率協会コンサルティング】経営コンサルタント

■21卒

■エントリーシート

1次選考通過


「なぜJMACのコンサルタントになりたいか」志望理由を簡潔にお書きください。

私が貴社を志望する理由は、数あるコンサルティングファームの中でも特に製造業へのコンサルティングを中心に行っていることに魅力を感じたからです。  私は学部時代は◯◯学部に所属しており、大学院では◯◯学を専攻しています。◯◯学部では幅広い領域に手を広げる経験を、◯◯学部では一つのことを突き詰める経験をしました。そこで、私は前者の方が適性があると気付かされました。そのため、様々な業界をクライアントに持ち、多くのプロジェクトに携われるコンサルティング業界で、社会に大きな価値を提供したいと考えています。その中でも、特に製造業を中心に価値を提供することは、技術立国である日本にとって最も良い影響を与えられると考えます。  日本初の本格的コンサルティングファームとして蓄積してきたノウハウを生かして、日本の製造業、ひいては日本社会全体に貢献したいと思います。


大学(大学院)でどのような勉強に力を入れましたか?具体的に説明してください。

 私は、現在大学院で◯◯人工◯◯の勉強に力を入れています。特に、研究室では◯◯人工◯◯の制御法と◯◯に与える影響の関係について注目して研究を行なっております。◯◯人工◯◯は、内部のプロペラを高速で回転させることで血液の循環をサポートしています。最近では、このプロペラの回転速度を心臓の鼓動に合わせて変化させる制御法が注目されています。しかし、回転数変化の指令値と、実際のプロペラの応答速度は大きなズレがあります。そこで、このズレを考慮した上でどのように制御するのが望ましいのか、何十通りにもわたるパターンを比較することで検討しています。  私は大学院で全く専門外の分野へ進学したため、同期と比較して基礎知識や経験が圧倒的に少ない状態から研究活動を開始しました。この経験から、限られた時間で有益な情報を収集する能力や時間管理能力を得られたと考えています。また、修了に向けて研究を続けることで論理的思考力や思考する体力をさらに養っていきたいと考えております。


あなたがコンサルタントとしてプロフェッショナルになるために、今後努力していかなければならないと思うことを3つ、”プロフェッショナル三則”として「見出し」と「その理由」をお書きください。 

<第一則> 見出し:結果にこだわる  理由:コンサルタントの提案は、実際にクライアントにより実行され、それが良い変化を生まなければ全くの無価値だと考えています。そのため、過程ではなく結果にこだわって様々な物事に取り組んでいく必要がると思います。

<第二則> 見出し:社会の動向をつかむ 理由:急激に社会が変化している今日において、社会の動向を把握していないコンサルタントの提案はすぐに時代に置いていかれてしまうと思います。長期的にクライアントに価値を提供するため、社会を動向を見通す力を養い、それをもとに思考を組み立てる必要があると思います。

<第三則> 見出し:責任感 理由:コンサルタントの提案ひとつひとつが、クライアントの命運を握るといっても過言ではないとか投げています。そのため、クライアントに寄り添い、共に働くパートナーとして責任感を持って仕事すべきだと思います。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

【EYストラテジー・アンド・コンサルティング】経営コンサルティング業務

■21卒 ■エントリーシート ■インターンシップ選考 ショートエッセイ テーマ1(ビジネスインサイト) 以下のテクノロジー、社会潮流から1つを選び、影響を与えると考える企業を具体的に挙げると共に、何故そう考えたかを1000字以内で述べて下さい。 選択したテクノロジー、社会潮流 •Mobility as a Service 理由 私が社会に影響を与えると思う企業はライドシェアサービスを展開するLyf

【メディクルード】総合職

■21卒 ■エントリーシート ■インターンシップ選考 弊社の説明選考会に参加した感想。印象を教えてください。 今回の説明選考会に参加して、貴社は「日本の未来を担う企業」であるという印象を受けた。私の考える30年後の日本だけでなく世界に必要なサービス提供を行い、今後の拡大可能性が高いと感じたためだ。 あなたが考える30年後最も必要とされるテクノロジーは何ですか。 私が考える30年後もっとも必要とされ

【フューチャー(フューチャーアーキテクト)】 アーキテクトタイプ

■21卒 ■エントリーシート ■インターンシップ選考 このインターンシップに期待するものを教えてください。 実際のワークを通して、ITを駆使したコンサルティング業務の理解を深めたいです。私は医学部として医療を学んできた中で、医療技術へのAIの応用や電子カルテなど医療業界でもITは不可欠になっていることを実感し、ITビジネスに興味を持ちました。そこで、IT分野に強い貴社のコンサルティング業務の実際を